"・いつも「できることをしよう」と言っているのですが、
 まったくそういう文脈じゃなくて、
 「できることをしない」のって、かっこいいなと、
 そんなことを思ったのです。
 
 たとえば、絵本のなかに出てくる王様とかって、
 言いようによっては、権力の頂点じゃないですか。
 でも、「いい王様」だなって思えるのは、
 権力的でない姿勢っていうか、
 (王様としての力を発揮するのは、
  ほんとうに必要があるときだけで)
 ふだんは、ちょっと弱めにいる状態ですよね。 
 
 ほっといてもモテちゃうようなイケメンとかが、
 そのモテちゃうパワーを封印してて、
 ふつう以上に控えめにしてたりすると、
 それは「できることをしない」状態ですよね。
 
 力の限りに「できることパワー」を見せつけるよりも、
 「できること」を、ふだんはしまっておいて、
 ほんとうに必要なときに、
 (できれば、じぶんのためにでなく)使うってのが、
 やっぱりかっこよく思えるんだな。
 
 そう感じるのは、ぼくばかりじゃないわけでして、
 マンガの主人公とかって、だいたいは、
 「できることをしない」日常を送っていて、
 ほんとうに使うべきときにだけ、
 やっとその封印を解くという設定がほとんどです。
 事情があってほんとうの力を発揮できない設定は、
 やっぱり、みんな、大好きなんですよね。
 
 「チャーシューめんまたまご入りラーメン」を
 問題なく注文できるパワーを持ちながら、
 いちばんふつうのラーメンを選べるというのも、
 考えてみれば、その様式美があります。
 クルマの選び方でも、就職先の選び方でも、
 そういうかっこよさが、増えてきてるような気もします。
 「できることをしない」というのを、
 昔の人は「謙虚」っていったのかもしれないですね。"

ほぼ日刊イトイ新聞 - 目次

bouze:

■ - This means absolutely nothing I, 2014.

bouze:

■ - This means absolutely nothing I, 2014.

nanospectives:

Tetsuya Kuwayama’s Portraits

nanospectives:

Tetsuya Kuwayama’s Portraits

(via thinkaskquestionask)

collaverglas:

Mille Miglia 2014 by Guillaume Tassart on Flickr.

collaverglas:

Mille Miglia 2014 by Guillaume Tassart on Flickr.

(via apostrophe9)

beesandbombs:

cube

beesandbombs:

cube

"

無茶なことをいう人が増えた

「あと4時間したら海外に出かけるから、今からこの下痢を止めて下さい」とか、子供が怪我して、明日朝からそれでも家族旅行だから、「明日の外科外来には来ないけれど何とかして下さい」とか、そういうことを言う患者さんは昔からいるんだけれど、最近増えた。これがせめて、来週から旅行だから、念のため抗生物質一式下さいとか、明日は病院に来られないから消毒セット一式下さいとか、そういう依頼ならばあるいはまだしも何とかなるし、相談の余地もあるんだけれど。

「コンビニ受診」というのはもう日常用語だけれど、コンビニエンスストアが提供している価値というのは、たぶん「予期の代行」なのだったのだろうと思う。

昔だったら「どうしてちゃんと考えて準備しなかったんだ」とか、「こうなることを何で想像できなかったんだ」とか怒られるような状況でも、今ならコンビニエンスストアがあるから、そこにでかければ、たいていのことはけっこう何とかなってしまう。

全国にコンビニエンスストアが普及して、もうそれが当たり前になってしまったものだから、あらかじめ計画を立てるとか、必要なものを前もって準備するとか、そういう能力は、そこにあるコンビニエンスストアに任せられるようになって、結果としてもしかしたら、準備ができるとか、あらかじめ見越せるだとか、そういう能力の価値というのは、今はもうずいぶん低くなってしまった。

「今すぐ何とかしろ妥協はゆるさん」という患者さんはたぶん、何かを計画するとか、状況が変わって、次にどうするとか、そういう予期に、価値を認めていないような気がする。それは価値のない考えかただから、そもそも考えないし、何があっても「今すぐお前が何とかすればいい」という解答が、真っ先に返ってきてしまう。

"

できないことのデザイン - レジデント初期研修用資料 (via yellowblog) (via yoimachi) (via ohashitakashi)

petapeta:

Прикольные гифки — Интересное — Релакс!

petapeta:

Прикольные гифки — Интересное — Релакс!

(via charchives)

"・青少年の皆さんには、ちょっとすみませんけど、
 ま、例としてわかりやすいので、言わせていただきます。
 ものすごくエロ好きな人っていますよね。
 ま、だいたいの昔の青少年たちって、
 じぶんが人並みはずれてエロ男なのではないかと、
 多少の自己嫌悪か、自慢な気持ちになったと思います。
 そういうときって、どこまでもエロなものに会いたい。
 エロに浸り切っていたいとさえ望んだりもします。
 
 しかし、行く先行く先にエロなおねえさんが待ってて、
 あけすけにエロなお誘いがあって、
 街中の看板やらポスターがまるまるポルノで、
 コンビニの雑誌売り場なんか、エロ本にエロマンガで、
 通行人なんかもそれぞれモザイクがかかるような服装で、
 ふざけあって歩いている。
 もうね、ぐっちゃぐっちゃの「エロエロ地獄」‥‥に、
 果たして暮らしたいだろうかと考えたことはありますか。
 ぼくも、そこまで考えたことなかったのですが、
 無限に自由化していったら、どうなるのが快感なのか?
 それを考えてみたら、なんだかそのエロ世界を、
 「いやだなぁ」と感じたのでした。
 いま現在のじぶんだから、そう思ったのかもしれません。
 でも、もっと息を荒げているような時代だったとしても、
 どれほど好きだったはずのエロだとしても、
 ある程度以上は「いやだなぁ」となるのではないか‥‥。
 ぼくの知人のA氏ほどのスケベおやじでも、
 「いい加減にしたほうがいいね」と言う限度がありそう。
 
 いくらでもだとか、それに埋もれて死ぬほどとか、
 過剰に求めていそうなものって、限度があるんですよ。
 他人と比べたら、求め方の多い少ないはあるでしょうが、
 それにしたって、「かなり多め」程度のものでしょう。
 激しい依存性のある麻薬のようなものだって、
 おそらく「死んじゃう手前」で抑えて続けてるはずです。
 つまり、「やりすぎ」も「ほどほど」のうちじゃないと、
 やりたくなくなっちゃうということですよね。
 
 あれこれ、極端なことや、過激そうなこと言ってる人も、
 ほんとうに達人になると、「ほどほど」を身につける。
 ここらへんが、マシンならぬ人間のおもしろさですよね。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
「ちょうどいい」とか「ほどほど」って、すごい発明だな。"

ほぼ日刊イトイ新聞 - 昨日の「今日のダーリン」

"

 ・こどものころには、
 「じぶんに嘘はつけない」ということばが、
 どういうことを言ってるのかわからなかった。
 だんだんおとなに近づいていくにつれて、
 知らず知らずのうちに、じぶんが、
 「じぶんに嘘をつく」ことをするようになった。

 じぶんのなかに渦巻く、
 ただ単なる怠惰であるとか、
 じぶんばかりが得をしたい気持ちであるとか、
 嫉妬だとか、悪意だとかが、
 同時に、じぶんの認めたくないものになるからだ。
 
 そうあってはならないこころ。
 理想的なじぶんによって裁かれるべき考えが、
 じぶんの中心の部分に居座っているなんて認めたくない。
 だから、人は「じぶんに嘘をつく」ようになる。
 そして、それをしているとき、
 「じぶんに嘘をついている」じぶんに目をつぶっている。
 
 まずは、「じぶんに嘘をつく」必要のないこども時代。
 そして、「じぶんに嘘をついている」ことを、
 見ないように、気づかないようにしている時代がある。
 その、気づかないようにしている時代が、
 死ぬまで続く人もたくさんいるだろう。
 
 じぶんに対して、「それはほんとうか?」と、
 「ほんとうに、ことばどおりの気持ちなのか」と、
 問いかけることがなかったら、
 いくら他人から指摘されようが、
 「じぶんに嘘をついている」ことには気づけないだろう。

 じぶんを疑う、じぶんに問いかける、ということを、
 しようとしないかぎりは、「じぶんの嘘」は見えない。
 じぶんを大事なひとりの人間だと信じつつ、
 じぶんの嘘を問いかけるようになる‥‥
 それが、ほんとうの大人になったということだと思う。

 大人になるのは、怖いけれど、気持ちのいいことだ。
 「じぶんに嘘はつけない」ことは、すばらしいことだ。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
じぶんに嘘をついたほうが、一時の強さが出たりもするね。

"

ほぼ日刊イトイ新聞 - 目次

italian-luxury:

Porsche 964 Turbo 3.6

italian-luxury:

Porsche 964 Turbo 3.6

(via apostrophe9)

beesandbombs:

circle wave

beesandbombs:

circle wave

freefaux:

emily-kochany:

Dream

Ahh! So cool

freefaux:

emily-kochany:

Dream

Ahh! So cool

(Source: designaddictmom, via apostrophe9)

(Source: dailydoseofstuf, via apostrophe9)

(Source: whitehartland, via apostrophe9)

type-lover:

Hand Lettering
by Tobias Saul